Arthemia Premium(ver4.0)への更新時の改造箇所メモ

コンサデコンサ使用しているテーマArthemiaを、3.8.10から4.0にアップデートした際の覚え書き。

【4.0について】

(良い点)

  • 新規能がいくつか追加されている。
  • WordPressの新ヴァージョンの新機能に対応している。
  • Tableタグによるテーブルのデザインがきれいになった。

(悪い点)

  • 日本語の要約がうまく表示されないのは相変わらず。
  • JetPackコメントに未対応
  • そのままでは、プリントできないのは、相変わらず。

設定画面

【カテゴリー配色のメモ】
5色表示から赤黒表示に変更

  • カテゴリー Background (start with #) Text (start with #) Link Hover (start with #)
  • コンサニュース #aa0000 #000000 #ffffff
  • 小話の部屋 #333333 #000000 #ffffff
  • 戦いの足跡 #aa0000 #000000 #ffffff
  • スケジュールニュース #333333 #000000 #ffffff
  • 更新履歴 #aa0000 #000000 #ffffff
  • トピックスNOW #666666 #000000 #ffffff

【各種設定値】

(Category Bar)(5つまで)
管理画面から

  • コンサニュース
  • 小話の部屋
  • 戦いの足跡
  • スケジュールニュース
  • 更新履歴

(イメージ画像の入れ替え)
管理画面から

・favicon.ico
・logo.gif
・3種のad images
 300×250.gif(サイドバー内の画像)
 468×60.gif(各記事内の文末に表示されるもの)
 728×90.gif(ヘッダ部分のタイトル)

(サムネイルのサイズ)
インデックスページなどのサムネイルサイズ:100×100

(SEO)
SEOなどの設定は、Yoast SEOを使うので、ArthemiaのSEO機能はオフにする。

それでも、XMLのヘッダ部分で、titleが二重表記されている。


single.php

【パンくずリストとタグ】
これまでは、パンくずリストのところにタグも表示させていたので、ファイルを書き換えていたが、タグはarthemia附属の機能で文末に表示することにした。パンくずリストはテーマ附属のデフォルトのものを使用するので、これに関してファイルを書き換えることはしない。

【WP-Printの組み込み】

プラグインのWP-Printのソースコードの埋め込み。Arthemia Premiumは、ブラウザで表示されたままプリントアウトすると、レイアウトが崩れて関係ない部分が大量に印刷されるので、このプラグインは必須。プラグインを有効化後、コードを埋め込む。

の直後に、下記のコード埋め込む。

なお、WP-Printは、コメント末尾まで印刷対象とする。それ以下に表示させているYARPPやリンクナビは印刷されない。

※なお、Arthemia Premium 3.0には、設定画面でタグを表示させるかどうかをえらべるので、それをオンにする。


【Yarppのコードの追加】

このコードは、手動で、コメント後に表示させた。この場所には以下のような特徴がある。

WP-Printはコメント末尾まで印刷対象とするため、YARPPやリンクナビの部分は印刷されない。
WP-touchで表示されるコンテンツはコメント末尾までなので、YARPPやリンクナビの部分は表示されない。従って、関連記事をサムネイル表示させているが、端末への負担は無い。


【ページ下部のページナビの追加(前の記事、後の記事)】


page.php と page-fullwidth.php

Arthemia Premium 3になって、固定ページのテンプレートが増えた。使うテンプレートは同様に修正する。

【WP-Printの組み込み】

プラグインのWP-Printのソースコードの埋め込み。Arthemia Premiumは、ブラウザで表示されたままプリントアウトすると、レイアウトが崩れて関係ない部分が大量に印刷されるので、このプラグインは必須。プラグインを有効化後、コードを埋め込む。

の直後に、下記のコード埋め込む。

【階層表示部分の改造】
ページのパンくずリストを、完全な階層構造にするためにコード書き換え。

を下記のコードで置き換える。


index.php、archive.php、serach.php

【Pagenaviプラグインの導入】
これまでは、デザイン優先のため、PagenaviプラグインとPagenavi styleプラグインを導入していたが、今後はArthemiaに附属のナビにすることにした。
よっては、ファイルを書き換えることはしない。

【カテゴリーの表示】


footer.php

【フッタ部分の書き換え】
フッタ部分は、phpファイルを書き換えるのではなく、設定画面から書き換えれば良い。

LEFT FOOTER CREDIT

RIGHT FOOTER CREDIT


【投稿時間表記の変更】

投稿時間を表示させないようにするにコントロールパネルで設定する。設定→一般 内の時間の表記をカスタムに選んで、空欄にすると表示されなくなる。

time


【コメント欄のメニューなどの日本語化】

めんどくさいので、行っていない。
JetPackコメントが機能すれば、自動で日本語化されるのだが。


function.php

【Add QuickTagをカスタム投稿タイプに対応】

function.phpに以下のコードを追加。


【CSS】

【リンクカラーの修正】
CSS内のカラーを2箇所?程修正

リンクの表示箇所
#000000 → ##3c78a7
リンクの表示場所をマウスオーバーした場合
#050505 → ##3c78a7

【フォントの変更】
ArthemiaのCSSを直接修正。

11px→12px
12px、13px→14px

Font Library変更


【カスタムCSSの追加】

ページ内のタイトル用CSSを書き加える。JetPackがインストールされていると、カスタムCSSを編集しやすいように、管理パネルのタブにCSS編集という項目が現れる。ここに記述すると、テーマのCSSは上書き追加されるので、テーマのCSSを書き換えなくて良い。

css-customize

従来のものから、Tabeleタグに関する以下のCSSを除く。


カスタム投稿用single.php


広告用画像表示コードの削除


バグ関係

(JetPack とArthemia 3.4の相性)
JetPackコメントは機能しない。


(要約できない)

Arthemiaの要約機能が日本語では機能しない。理由はwordpressの3.で新に採用された要約機能を使わずに、独自の要約機能を使っているため。
従って、その部分を削除する。

theme-functions.php内の以下のコードを削除。
Arthemia 3.8.10の時と、削除する場所が変わっているので注意。


【404ページの作成】

404.phpのファイルを書き換える


【プラグインでの設定】

OGPコード:Yoast SEO
タイトル表示方法:Yoast SEO
XMLサイトマップ:Yoast SEO

Google analyticsコード:Arthemiaテーマの設定