CMSとしてのXOOPS

XOOPS には、派生したいくつかのヴァージョンがあるが、フォーラム(掲示板)向けの特化型CMSと個人的には考えている。現在のXOOPSは、汎用型CMSとしての側面ももっており、運用も可能。

ホームページ時代のBBS(掲示板)のようなスタイルから発展してきたため、それ向けの機能が豊富であることが特徴。日本人が開発した。

Wikipediaより引用:

インターネットの初期から存在したBBS(電子掲示板システム)の発展形と考えるとイメージがつかみやすい。ユーザーの登録制度、投稿記事のチェック、プライベートフォーラム、サイト内検索、禁止用語設定など管理機能が強化され、いわゆる荒らしに耐えうる安全なサイト運営が可能となった。

コンサドーレの応援サイトであるコンサデコンサのフォーラムを動かすプログラムの選定で、最後まで悩んだのが、このXOOPSとbbPress。機能面ではXOOPSだったのだが、WordPressでサイトを運用していることもあり、取っつきやすさでWordPressファミリーのbbPressを選んだ経緯がある。

XOOPSは、オープンソース(GPL)で無料。運用にあたっては、サーバーが必要なのと、SQLとPHPが動くことが必要。

他にもこんな記事があります