AMP導入のその後

AMP(Accelerated Mobile Pages)を導入してからしばらくたった。

特に良くも悪くもなっていないが、感じたことを書き連ねる。

・もともとログブックはアクセスが少ないので、SEO的に意味があるかは全く不明。
・AMPの仕組みは、将来必ずなくなると予想される。現在では、軽いサイトはモバイル向けなどにあったほうがいいが、将来はネットワークの容量もCPUの能力も高くなるのは必然なので、必要なくなると予想される。昔のインターネットのPC向けサイトとi-modeとの関係のようなもの。当時は携帯電話の能力が貧弱で、PC向けサイト自体を携帯電話で表示できなかった。そのためのに、携帯向けの軽い専用サイトを作らなくてはいけなかった。その時の状況と似ている。いずれハードの周辺状況は向上するわけで、そうなればAMPは必要なくなる。
・結局、AMPを提唱したGoogleに踊らされている?。SEOの手法のほとんどがGoogle検索で上位に表示されることを目指しており、そのためSEOを向上させることはGoogleに最適化させる行為にほかならない。そのため、Googleが提唱したいろんなルールに盲目的に従うような傾向が見られるが、AMPもそれに近い。

結局、感じたことは「AMPって必要ない」ってこと。

そのうち、機能を外そうかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です