コンサデコンサ本宅にて子テーマでcontent.phpファイルをカスタマイズする

コンサデコンサ本宅のテーマをtwentyfourteen 2.2にアップデートした際に、contens.phpファイルを子テーマに設置してみる。

content.phpの最初に記述の説明書きは以下の通り。手前勝手に解釈すると、ヴァージョンはTwenty Fourteen 1.0のまま?!
ここの記述が変わるようなときは、contens.phpファイルを改めてコピーして修正する必要あり?

[php]
/**
* The default template for displaying content
*
* Used for both single and index/archive/search.
*
* @package WordPress
* @subpackage Twenty_Fourteen
* @since Twenty Fourteen 1.0
*/
[/php]


(手順)

(1)twentyfourteen 2.2のcontens.phpファイルを、子テーマのフォルダ内にコピー。

(2)以下の修正を子テーマ内のcontens.phpファイルに対して行う。


【抜粋表示の設定】

content.phpを修正。
メインインデクス、カテゴリー、アーカイブ、検索結果を表示するページは全て抜粋表示にした。


【ポスト投稿やカスタム投稿にタクソノミータグを表示】

今回の変更内容:content.phpを修正
カスタム投稿のpost typeとTaxonomyが増えたので現時点での修正内容を下記に記述する。

[php]
‘, ”, ‘

‘ );
?>
[/php]

↓↓↓
[php]
タグ:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘appellation’, ‘

項目タグ:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘biography’, ‘

人名タグ:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘terminology’, ‘

名称タグ:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘geography’, ‘

場所タグ:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘sportsevents’, ‘

大会タグ:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘clubname’, ‘

クラブタグ:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘stadiumname’, ‘

競技場タグ:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘guidebook-cat’, ‘

コンサガイド分類:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘annual-cat’, ‘

CSアニュアル分類:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘scorebook-cat’, ‘

CSスコアブック分類:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘players-cat’, ‘

CSプレイヤーズ分類:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘lexicon-cat’, ‘

CSレキシコン分類:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘links-cat’, ‘

CSリンクス分類:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘addressbook_cat’, ‘

アドレスブック分類:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘catalogue-cat’, ‘

コンサシェルジュ分類:‘, ”, ‘

‘ ); ?>
ID, ‘syllabary’, ‘

五十音順:‘, ”, ‘

‘ ); ?>

[/php]


(3)以上で終わり。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です