「Google Chrome 68」では、SSL接続でないサイトはすべて「保護されていない通信」サイト扱いに

7月頃に登場する予定の「Google Chrome 68」では、SSL接続でないサイトはすべて「保護されていない」サイト扱いになるそうだ。

現在のバージョンでは、SSL接続したサイトは「保護された通信」サイト扱いになっている。

SSL接続でないサイトは、特に何も表示されない。
これが、「Google Chrome 68」からは、「保護されていない通信」サイトとはっきり明示されるようになる。

以下はGoogle Security Blogの記事から画像を引用。英語版の表記なので「not secure」となっているが、日本語は何らかの翻訳された表現になると予想されます。

次期「Google Chrome 68」は、7月登場。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です