コンサデコンサにTwentyFourteen 2.8を導入する際の設定項目

TwentyForteenがアップデートした。

コンサデコンサに、TwentyFourteen 2.8を導入する際の設定項目の覚え書き。

使用テーマ:TwentyFourteen 2.8


【TwentyFourteen 2.8本体】

【ヘッダ部分】
Font Awesome 5を使えるようにするため、header.phpに追記。

headタグの間にFont Awesome 5サイトにあるスクリプトを追記する。SVGではなくWebFontを使用した。


【フッタ部分】
footer.phpを修正。

Proudly powered by WordPressの制御文の後ろに

| Copyright © 1996-2020 CONSA DE CONSA

を書き足す。


【INDEX】

(最近のコメント)

WordPressのディレクトリ内の テーマ>Twentyfourteen のディレクトリに、mycomments.phpファイルをアップする。


【プラグイン】

WordPress 5.0 で新たに導入されたエディタGutenbergは、使い勝手がこれまでのエディタから大きく変わっており、これを以前のスタイルにするには、プラグイン classic editorをインストールする必要がある。

【子テーマ】

子テーマの内容は、アップデートには影響ないので、特にいじらず。

【カスタム投稿を、アーカイブページに表示】

子テーマのfunction.phpに追記。

ホームのアーカイブページにだけ、カスタム投稿を表示しないため、三つの例文のうち、一つは使わない。

[php]
/*
* Add custom post archive
*/

add_action( ‘pre_get_posts’, ‘category_any_posts’ );
function category_any_posts( $query ) {
if ( $query->is_category && $query->is_main_query() ) $query->set( ‘post_type’, ‘any’ );
}

add_action( ‘pre_get_posts’, ‘add_post_tag_archive’ );
function add_post_tag_archive( $wp_query ) {
if ($wp_query->is_main_query() && $wp_query->is_tag()) {
$wp_query->set( ‘post_type’, ‘any’ );
}
}

[/php]

【CSSに追記する項目】

CSSの変更箇所は、子テーマ内のCSSに。

【表示を左端固定表示から中央揃えに変更】

【タイトルのアルファベットが自動で大文字表示になるのを停止する】

【サムネイルの表示方法】

【Featured表示項目の縦の長さの調節】

いくつかのウイジッドのCSSも子テーマ内に記述

widgetのCSSも子テーマ内のCSSに。

以下のものも子テーマCSSに記述

Hタグのタイトルデザイン
fullwidthtemplateのCSS
bladcrambのCSS
List Styleの WidgetsのCSS
(試験中の横線(hrタグ)用のCSS)

記述が必要な場合は、バックアップから復元。


【full-widthのテンプレート】

full-widthのテンプレートも子テーマ内なので、特にいじらず。

【パンくずリスト】

加工するのは、Full-widthテンプレートで、子テーマ内にあるので、修正せず。

通常ページのパンくずリストは、サイドバーにウイジッドを用いて表示。
Full-widthテンプレートのパンくずリストはテンプレートを書き換える。
ともにBreadcrumb NavXT プラグインを使う。


【アーカイブページにカスタムタクソノミーやカスタム投稿の説明文を表示する】

子テーマ内にtaxonomy.phpに記述しているので、特にいじらず。

【コンサペディア】

(CSリンクス)
content.link.phpを修正したものを、子テーマ内にアップ。


【404ページ】

404ページは、子テーマ内にあるので、特に変更しない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です