Easy Table of ContentsでJetpackのシェアボタンが読み込まれるの防ぐ

Easy Table of Contentsは、記事に自動で目次をつけてくれる便利なプラグイン。ただしデフォルトの設定では、Jetpackプラグインを使用していると、シェアボタンが読み込まれてしまう。これの解決方法のメモ。


テーマやプラグインの関係で、不用なコンテンツが勝手に目次に組み込まれるのを防ぐ方法

Table of Contents Plusプラグインの時とほぼ同じやり方。

(例)導入しているJetpackプラグインのシェアボタン(記事の共有:)が自動で読み込まれてしまう。

読み込まれているのは、文末にあるこの共有メニュー

Easy Table of Contentsでは、hタグを認識して目次を作製するのだが、プラグインやテーマなどが、表示にhタグを使用していると、これも読み込んでしまう。

これを回避するには、除外設定をしてやる。設定は以下の場所。

Easy Table of Contentsの設定(目次)
 ↓
高度
 ↓
除外する見出し

ここに、除外したいテキスト文を記述する。

ワイルドカードとして*(アスタリスク)が使用可
複数設定するときは、|を使用する。

今回は、記事の共有* と入力

そうすると、表示されなくなる。

めでたしめでたし

ログブック内関連記事

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です