「Google Chrome」では、シマンテック系のSSLサーバー証明書を無効扱いに

「Google Chrome」では、シマンテック系のSSLサーバー証明書を段階的に無効扱いにしている。

対象のサーバー証明書の発行元は、以下の通り。

・Symantec
・RapidSSL
・GeoTrust
・Thawte

2018年3月と10月に、段階的に無効扱いされる。

無効化後は、これらのSSLサーバー証明書のサイトは、ページフォームに警告が表示されます。

コンサデコンサのSSLサーバー証明書は、Let’s Encriptなので、今回の処置には関係なし。

この騒動は、シマンテックがいいかげんなSSLサーバー証明書を発行したのが発端。そのため、シマンテックは、認証事業を売却する羽目に。

関連外部サイト

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です