セキュリティに配慮したソースの記述法

アクセス自体に危険が伴うサイトのURLを記述する際の、セキュリティに配慮したソースの記述法

(例)URLの通信プロトコル指定部分のhttpをhxxpと記述する。

hxxp://
hxxps://

http://www.consadeconsa.net
↓↓↓
hxxp://www.consadeconsa.net

(例)URL中の .(ピリオド)を、[]でくくる。

http://www.consadeconsa.net
↓↓↓
http://www[.]consadeconsa[.]net

(例)上記2つを合わせてもOK

http://www.consadeconsa.net
↓↓↓
hxxp://www[.]consadeconsa[.]net

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です