CSレキシコンの表示方法をタイトル順からカスタムフィールド値順に変更する

CSレキシコンの記事(用語)の表示方法をタイトル順からカスタムフィールド値順に変更したので、それの覚え書き。

CSレキシコンは、用語集の形をとっているサイトなので、用語一つを投稿記事一つに割り当てている。用語集なので、ソート時に五十音順の用な形に並ぶのが好ましい。

しかしながら、Wordpressの並び順は、基本的に日付順かタイトル順。そこで、各投稿記事のタイトルの記述方法を工夫して、五十音順に表示していた。

・用語のよみ (用語)

例:こんさどーれさっぽろ (コンサドーレ札幌)


CSプレイヤーズの構築の過程で、カスタムフィールド値にもとづいてソートする手法が理解できたので、それをCSレキシコンにも導入することにする。

用語集のリストは固定ページにカテゴリーごとに作成。以下のコードを用いてい表示する。

例:用語集(リスト)-あ行

テーブルに埋め込む形でリストアップしている。
中頃の以下の部分が、特定のカスタムフィールドでソートするための文。

最後のPHP文は変数のリセット。


リスト表示のページでも、英数字のリストに関しては、タイトル順に並べればいいので、上記のコードではなく、下記のコードを使用。orderbyをtitle順にしてある。

例:用語集(リスト)-英字


固定ページを使って、カスタムフィールド値順にリスと表示するように上記で変更したが、これだけでは、従来のアーカイブ表記のページでは、タイトル順(日付順)になってしまう。

これまでは、コンテンツの並びをタイトル順にしていた。

【これまでのtitle順する場合】
Twenty-Elevenテーマのcategory.php、index.php、archive.php、tag.php、search.phpを書き換える。以下のコードを書き加えていた。

 ↓↓↓
【カスタムフィールド値順】
これを以下のコードに変更すると、カスタムフィールド値順に並ぶ。