ManageWPのサイトクローン機能

ManageWPには、サイトクローン機能というものがある。
あるWordpressのサイトのクローンを、別のサーバーにあっというまに作り上げてしまう機能だ。

先日、コンサドーレの応援サイトであるコンサデコンサのサーバー移転をおこなった。その際に、このクローン機能も試しに使ってみた。それで分かったことをメモする。ちなみに、ManageWPのサイトクローン機能を使うには、有料コースを契約する必要有り。

結論から先の述べると、今回のサーバー移転では役にはたたなかった。
クローン作業自体は、あっけないくらい簡単にすむので、その点は感動的なのだが、一点だけ下記に説明するような問題があり、今回の移転では使わなかった。実は、ManageWPのサイトクローン機能は、その性能上、同じURLをもつサーバー間での移動はできない。使う状況を選べばすごい便利な機能。

【URLも含めて全くそっくりのサイトをクローンする場合】
要するにサーバーの移転などで、URLの変更無しのケース。

この場合は、SQLデータの書き出し/読み込みはSQL上のユーティリティー(MySQLAdmin)で行い、画像データの移動はFTPで行った方がはやい。ManageWPのサイトクローン機能は、その性能上、同じドメイン、URLをもつサーバー間での移動はできないからだ。バックアップをとった後、元サーバーを停止し、移転先サーバーのDNS情報がネット上に浸透したころに移動すれば、同じURLで移動は可能かも? でも時間もかかるしめんどくさい。

直接、両サーバー間でデータを移動させ、その後、DNS情報を書き換える。あとは、DNS情報が浸透し、新しいサーバーにアクセスがはじまるのを待つだけでよい。

【移動の際にURLを変更したい場合】
試験サーバーのURLと、本サーバーのURLが異なっている場合など。
この場合は、ManageWPのサイトクローン機能はすごく便利。サイトクローン機能は、二つのサーバー(元のサーバーと、移動先クローンサーバー)が、同時にネット上にある必要がある。そのため、移動先クローンサーバーのドメインやディレクトリが異なっているはず。ManageWPのサイトクローン機能では、クローン作業の際に、このURLの変換作業を自動で行ってくれる。感動的なくらい簡単。