サイトの制作環境

CONSA DE CONSAの制作環境今昔メモ。

主に使っていたものを列記。
これ以外にも、時々使ったりしたソフトや道具がありましたが、主力ではないので省略。

主力がテキストエディタでHTMLを書いてネットにアップロードしていたスタイルから、オンラインでWordPressを用いて書くスタイルに大きく換わりました。

昔は、CGIを使っていたので、telnetソフトでよくサーバーにログインして、コマンドラインの命令を出すことも多かったですね。掲載する画像もアナログな35mmカメラ-スキャナの組み合わせから、デジタルカメラへ変更。動画や音楽にはあまり手を出していません。

それ以外は、昔と同じです。

画像ソフトは昔からドローがCanvas、ペイント系がPhotoshopです。Photoshopは、写真画像の処理だけではなくペイントソフトとしてお絵かきにも良く使っています。

【今】

使用パソコン:
Macintosh(OSX)

オンラインアプリ:WordPress(CMS) ←←← 制作のメイン環境

コンテンツ作成アプリ:
Canvas:ドローソフト
Photoshop:画像処理、ペイントソフト
GraphicConverter:画像処理、フォーマット変換ユーティリティ
Jedit:テキストエディタ

カメラ関連:
Canon Eos Kiss Degital(デジタルカメラ) ←←← 撮影のメイン道具
Canon PowerShot(デジタルカメラ)
iPhone 3GS(デジタルカメラ)

【昔:ホームページ時代】

使用パソコン:
Macintosh(OS8~9時代)

ネット用アプリ:
Fetch:FTP用ソフト
NCSA telnet:telnet用ソフト

コンテンツ作成アプリ:
Canvas:ドローソフト
Photoshop:画像処理、ペイントソフト
GraphicConverter:画像処理、フォーマット変換ユーティリティ
Jedit:テキストエディタ ←←← 制作のメイン環境
Jchecker:HTML作成支援ソフト(Jeditの拡張)

カメラ関連:
Canon Eos Kiss(35mmフィルムカメラ) ←←← 撮影のメイン道具
MICROTEK Scan Maker 6:A4版対応、フラットヘッドカラースキャナ