Moleskinのノート

img_0003

Moleskinのノート。ステイショナリーに詳しい人ならば誰でも知っているブランド。一見“黒革の手帳”、丁寧に作り込んである感のする手帳で、使っていくほどに手帳が分厚くなり(変形してきて)、味のある手帳へと変わっていく、何ともいえない手帳。一度使うとやみつきになる。
ファンが多いので、詳細は他の方のブログに譲るとして、簡単な説明をすると、基本は、黒革でハードカバー、サイズはラージ、スモールの2種類、後ろカバーにポケットがついている。ゴムバンドがついていて使用していないときには、開かないようになっている。
個人的に気に入っている点は、その質感にある。未使用時の真っ平らな紙が、何かを書き記していくと、ほどよく使用感がでてくる。この使用感が非常にいい手帳である。筆圧で紙にでこぼこができ、紙が縮んで巻き上がってくる感じというか、使うほどにメモ帖が分厚くなっていく感じとか、うまく表現できないが、たぶん使ったことのある人には理解してもらえるだろう。
今ではいろんなタイプの手帳が販売されているが、個人的に使うのは、もっぱらラージサイズで、Moleskine Large Sketch-book(青色の帯)、Moleskine Large Plain(無地)(黄緑色の帯)。メモとしてではなく、記録帳として保管することを前提に使うので、カバーはハード。

img_0003-e1288067196232

スウェーデンに滞在してた頃、雑記帳として使っていたMoleskinのノート