twenty fourteenのテーマでfull width のテンプレートを作成

(1)まず、子テーマを作成

(2)full widthのテンプレートを作成。

以下のサイトの内容を参照した。

この記事内のreal-full-width.phpの文章は、そのままコピーしてファイルを作成してもうまく表示されなかった(白い画面になってしまった)。うまく、コピーが出来ていない模様。

そこで、twenty fourteenのテーマ内のPage.phpファイル内の記述をコピー。real-full-width.phpの内容と比較して、不必要なコードを削除してファイルを作成した。

(3)full widthのテンプレートを子テーマ内にpage-templatesフォルダを作成し、その中にアップ。

(4)style.cssに、先のブログに記載されているコードを書き足す。

(5)固定ページの編集画面にreal-full-widthのテンプレートが表示されるので、それを選択。

(6)3カラムのtwentyfourteenが、1カラムのfull-widthで表示される。

コンサデコンサの予定表の例
cdc-cal2014

これで、任意ページだけ、フルワイド表示に出来るようになった。


今回は、full-width表示だけでなく、その他の設定項目も子テーマを使って修正。

【追加1】
JetpackのカスタムCSSで指定していたコードを、style.cssに追記


【追加2】

Breadcrumb NavXTのコードを埋め込んだ。

real-full-width.php内に、

style.css内に