投稿記事の管理画面でのタクソノミーのリストを非表示する

管理画面でのタクソノミーのリストを非表示する方法の覚書き

コンサデコンサの試合記録(スコアブック)に使用している日付コード(match_code)のタクソノミーが、たくさんになってきたので分けることにした。

match_code

match_code1
match_code2

理由は、投稿記事の管理画面で常に全てのコードが読み込まれること。新規記事には、古いコードはいらないので、定期的に分離して管理することにした。

match_code1:1996年〜2015年の試合コード
match_code2:2016年〜2035年の試合コード


投稿記事の新規作成時には必要ないので選択メニューを表示しないようにする。
常時表示させておくとなんとなく重くなるような気もするし。

(方法)

タクソノミーの設定のUIを表示の項目をFalseにする。
コンサデコンサでは、Custom Post Type UIプラグインを使用しているので、以下のようなところをfalseにする。

利用する投稿タイプのところを非選択することによっても、非表示にできるが、この場合、アーカイブや検索結果、ショートコードなどで対象外になってしまい、該当の投稿記事が表示されなくなる。ただ、タクソノミーの情報自体は消去されるわけではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です