AppleのTimeMachine(MounatinLion)が複数のハードディスクの同時使用に対応

MacのOSがMountainLionになってから、付属のバックアップ機能であるTimeMachineが複数台のハードディスクに対応するようになった。

コンサドーレの応援サイトであるコンサデコンサのサイトはオンラインのサーバー上にあるが、制作している自分のパソコンはMacで自宅にある。当然、そのパソコンのなかには、サイトの過去の分のバックアップなど大事なデータが入っている。また他にもプライベートなデータも多くあるわけである。そのためバックアップには気を遣う。重要であるが、手間暇をかけたくない。そこで、頻繁なバックアップは、バックグラウンドで完全に自動で行ってくれるTimeMachineに任せている。

1台のハードディスクへのバックアップでは心許ないので、いままではRAID1にしてミラーリングしたディスクにTimemachineを設定していた。

新しいMacのOS(MountainLion)のバージョンでは複数のハードディスクに並行して保存できるようになったので、Raidを設定するのをやめてこの機能を使うことにした。

性能の異なるハードディスクを組み合わせても問題なさそうなので、RAID1より使い勝手が良いという判断。今のところ、問題なく動いている。

ちなみに、上記以外に、長いスパンでのバックアップは別のソフトを使い、手作業で行っている。

ブランドタグ: