WordPress 4.9が登場

WordPressの新ヴァージョンの4.9(コードネーム Gutenberg)が、11/15に登場した。

機能的には、以下のようなもの。

  • コードエディターの改良
  • テーマカスタマイザの改良
  • Zipファイルでアップデートできるようになった
  • いくつかのウィジェットの機能強化
  • メディアアップローダーの改良

など。

サイトを運営している立場からは、「コードエディターの改良」の内容は非常にありがたい。
4.9からは、新型エディタが導入され、保存する際にコード内容に問題があるかないかをチェックしてくれる。もしもFatal ErrorやWarningがあると保存されずに知らせてくれる。なんてすばらしい。

以前は、問題のあるコードを保存すると、サイトが真っ白になって表示されなくなり、FTPで問題のあるファイルを問題のないファイルに置き換えなくてはいけなかった。


他にもこんな記事があります

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です