WPA2の脆弱性「KRACKs」

WIFIの暗号化規格の一つであるWPA2に脆弱性「KRACKs」があることが、17/10/16に報告された。

この脆弱性を利用すると、WIFIの通信内容から情報を盗み見することが可能となる。
対象機器や範囲が広いため、それなりのおおさわぎになっている。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です