iMac 27インチ Late 2009のハードディスク換装

iMac 27インチ Late 2009の調子が悪い。

起動に時間がかかる上に、日に1回はフリーズするようになった。フリーズは、マウスのカーソルは動くのだが、クリックを受け付けないといった具合。この時、キーボードにも反応無し。

明らかにおかしいのだが、原因不明。可能性が高いのは、ハードディスクの故障、メモリの不具合、ロジックボードの故障など。故障箇所だけでも明らかにしてもらおうと、アップルに修繕を依頼したのだが、古いモデルなので、すでに修理サービスは終了しているとのこと。

仕方がないので、自力で対応することにする。とりあえず、根拠はないが、ハードディスクが怪しい感じがするというフィーリングで、ハードディスクを交換する事にする。いい機会なので、SSDに。


用意したのは以下のもの

  • SSDディスク:SunDisk SSD UltraII 960GB 2.5インチ
  • 3.5インチ-2.5インチ変換マウンタ:センチュリー 裸族のインナー CRIN2535
  • 温感センサー対策:in-line Digital Thermal Sensor for iMac 2009-2010 Hard Drive Upgrade
  • 吸盤:スリーアキシス(three axis) バキュームリフター
  • ドライバー:プラスドライバー、6穴トルクドライバー

内蔵されていたハードディスクはウェスタンデジタルのBlack、1TB。これをSunDisk のSSD UltraII 960GB 2.5インチ に交換。

iMacの内蔵ハードディスクの交換はめんどくさい上に、ディスクに温度感受性センサーがついているので、それ対策も必要。自作でいろいろと対策する方法もあるのだが、今回は確実性と安定性が優先するので、お金がかかるが市販のキットを使用することにした。

使用方法は、オンラインでビデオが公開されている。iMAcの分解方法やディスクの交換方法もこれで分かる。

iMac Late 2009は、最初に吸盤で画面をはがすのだが、業界で人気のある吸盤ということで、amazonで購入。


【交換後の状況】

ものすごく快適。

起動は速くなり、フリーズも見られなくなった。古いモデルであったが、甦った感じがする。

ブランドタグ:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です