Really Simple CSV ImporterプラグインでのデータのCSV保存とUnicode-8化の方法

Really Simple CSV Importerプラグインを使用するために、CSVファイルを調達する必要がある。その際のCSVファイルはUnicode-8でなくてはならない。

その方法のまとめ。なお、管理人はMac使い。
Really Simple CSV Importerは、CSスコアブックや掲示板書庫で、CSVファイルから記事を流し込むために使用した。


(1)まず、CSVファイルを用意する。エクセルなどの表計算ソフトで作成すると便利。

1行目に、投稿記事の各パラメーターを指定する単語を入力。
2行目以降にデータを入力する。

各パラメーターはworpress.orgのページのも記載されている。

post_date post_title post_content post_name
日付(記述様式は以下) 記事のタイトル 記事の中身 slug
1996-04-21 22:00:00 日本語OK 日本語OK。
,は使用しない
以下つづく
post_type post_thumbnail post_status comment_status
ポストタイプ サムネイルURL 記事の状況 コメントの状況
‘post’ or ‘page’ or ‘custom postの名称’ ‘draft’ or ‘publish’ or ‘pending’ or ‘future’ or ‘private’など ‘closed’ or ‘open’
以下つづく
post_category post_tags カスタムフィールド
カテゴリー タグ
何種類でもOK
以下つづく

(2)ファイルをCSVに変換。

ファイルをCSV形式に変換するのだが、その際、文字コードをUnicode-8しなくてはいけない。

ところが、windowsではどうだか不明だが、mac版のエクセルでは、Unicode-8化すると、ファイル内の日本語が文字化けしてすっちゃかめっちゃかになる。当然、Really Simple CSV Importerプラグインで流し込めない。

【解決方法】
(ネットで調べる)
きっとどこかに良い方法が書いてある。

(macの場合)
Appleの表計算ソフトNumbersを使うと問題解決。

作成したエクセルのファイルをNumbersで開く(最初からNumbersで作成しても良い)。

ファイルのプルダウンメニューの中の「書き出す」から「CSV」を選択。テキストエンコーディング方法を「Unicode(UTF-8)」を選択。

bumbers-utf8


書き出す。
ファイル名は、とりあえず英語名にしておいた(日本語名が使えるかどうかは確認していない)。拡張子には.csvをつけた。


(3)Really Simple CSV Importerプラグインで読み込む。

Really Simple CSV Importerプラグインがインストールされていると、「ツール」の「インポート」のページに「CSV」と表示されるようになっているはず。

csv-import

CSVをクリックして、ファイルを選択後、読み込む。

以上

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です