Redirectionプラグインに転送設定をCSVファイルを流し込む方法

Redirectionプラグインは、転送設定を行うプラグイン。

一つ一つ入力することもできるが、CSVファイルから一気に読み込ますことができる。CSVファイルからの読み込み作業のメモ。


まず、CSVファイルを用意する。エクセルなどの表計算ソフトで作成すると便利。

source target
ソースURLを記述 ターゲットURLを記述
以下つづく

1行目にsource、targetと記述し、2行目以降にURLを列記する。

記述する情報としては、二つあれば良い。デフォルトでは、正規表現ON、一致するURLを301で転送、となる。
source、target以外の情報を入力したい場合は、以下参照。


(転送設定のリスト)
redirection01

(転送設定の入力欄)
redirection02

source:ソースURL(必須)
target:ターゲットURL(必須)
regex:正規表現(空欄可;行を設定しない場合のデフォルトは1);正規表現をチェックの場合は1、正規表現をチェックしない場合は空欄
type:操作(空欄可;行を設定しない場合のデフォルトはURL)
code:操作(空欄可;行を設定しない場合のデフォルトは301)
match:一致条件(空欄可;行を設定しない場合のデフォルトはURL)
hits:転送数(空欄可);通常はここは空欄
title:説明?(空欄可)


転送設定を記述したファイルが完成したら、CSV形式で保存。Macのエクセルの場合、「名前をつけて保存」でCSV形式を選択して保存すれば良い。安全を考えて、ファイル名は英語にした。

設定ファイルのインポートは、Redirectionの設定ページから行う。
インポート先のグループは選べる。

redirection03

アップロードをクリックすると完了。


【おまけ】

(Redirectionの設定を出力する場合)

Redirectionから設定を出力する場合、Redirectionのモジュールページから行う。出力ファイルのスタイルは、RSS | CSV | .htaccess | Nginx から選べる。

グループごとの出力はできず、モジュール単位での洗濯のみ。

redirection04

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です