Xサーバーで新しく記述したCSSが機能しない場合動的なCSSを作製するプラグインを使うと解決する

Xサーバーではキャッシュ機能のため、新しく記述したCSSが機能しない。キャッシュ機能をオフにすれば良いが、PHPを5.6以上にすると、強制的にキャッシュ機能がオンになるので、オフにできない。

このような場合、動的なCSSを作製するプラグインを使うと解決する。
新しいCSSをトライアンドエラーで書き直したりする際は重宝する。

【プラグインリスト】

  • Jetpack
    • カスタムCSS機能をオンにして使う。
  • Simple Custom CSS

CSS完成後はそのままでもいいが、親テーマや子テーマのCSSファイルを書き直して放置後、しばらくしてからプラグインをオフにすればいい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*