DURODEX 200DX

PK-513Lの後継として、DURODEX 200DXを購入した。
PK-513Lは、刃の切れが悪くなってきて、替刃を購入する必要が出てきたので、思い切って新台を購入した。

プラスのPK-513Lと比べると、厚い書籍が裁断できる。
片付けるときに、コンパクトになるのはやはり便利。その分、取り出して使うときと片付けるときに、いちいち分解・組立しなくてはいけないのは少し煩わしい。

使い込んで刃がダメになったときは、箱に入れてメーカーに送って新しい刃に交換してもらうことになるので、箱は残しておかなくてはいけない。

足の部分がゴムでなくプラスチックなので、机の上などに置くと、力の欠け具合で横滑りすることがあるのが、短所かな。

関連記事:

他にもこんな記事があります