バックアップのルール:3-2-1の原則

『3-2-1の原則』は、現在のバックアップに関する標準ルール。

下記の記事内で、説明されていた。

基本は、『コピーを3つ作成し、2種類のメディアを使用し、そして別の保存場所を1つ設ける』こと。

ネット上には、いくつか解説記事がみつかる。

バックアップは非常に大事。パソコン歴は非常に長いので、ディスクのクラッシュやデータの損失などは当然経験したことがある。バックアップに助けられたこともあれば、バックアップが全く役に立たないバックアップで泣かされたことも。

とにかくバックアップは大事。

自分の場合、2種類のメディアというところが2個のメディアになっている以外は、数字以上の数、それぞれバックアップを用意しているので、まあ、合格点かな。
今時、CD/DVDやOnline Backupではバックアップが容量的に入りきらないし、Tapeメディアは価格的に個人では無理だよね。複数のメーカーの異なるハードディスクに異なるバックアップ用ソフトでバックアップというところで代用といったところか。