WordPressのデバックモードを有効にする方法

WordPressのデバックモードを有効にするには、wp-config.phpファイルの定数「WP_DEBUG」を書き換える。

デバックモード有効

デバックモード無効

デバックモードでは、デバッグ情報が丸見えになるので、セキュリティ上は好ましくない。

あまりオンラインでは行わず、ローカルで行う方が好ましい。
また、設定を、デバッグモードのまま、忘れて放置することがないようにしなければいけない。


【追記】

デバックモードをオンにする際は、Query Monitorプラグインを使用すると、エラーメッセージがアクセスしてくる人に見られないようにする事ができる。

ログブック内関連記事