Twitterの新しい埋め込みバッジ

Twitterのブログなどへの埋め込み機能の提供の仕方が変更になっている。

以前は、twitterの素材提供ページで提供されていたのだが、現在は提供を辞めている。

現在は、各自のアカウント内でコードを作成するようになっている。
このあたりのことは、デベロッパーページにて説明されている。

twitter-developpers1

「Embedded Timelines」をクリック

twitter-developpers-timeline

===========

【Timelineの作成方法】

各自のアカウントの管理ページの上段メニューから「設定」を選択する。
表示されたメニューから「ウィジェット」を選択。
timeline2

新規の場合は、「新規作成」をクリック。
すでに作成済みの場合は、「編集」をクリック。
必要項目を入力して、ブログなどへの埋め込みコードを取得する。
timeline3

埋め込みコードが、特定のURLと関連づけられるようになったみたい。

〔取得したコードによる表示例〕
あたらしいTimelineは、従来のものとデザインも異なっている。