Twenty ElevenをCSリンクス向けに改造

CSオーガナイザーのwordpressテーマにTwenty-Elevenを利用して、調子が良いことから、他の4つのCSシリーズのコンテンツもすべてTwenty-Elevenのテーマに置き換えてユーザーインターフェースを統一することにした。

コンサドーレ札幌のリンク集であるCSリンクスに関して、Twenty-Elevenに変更したときの覚え書き。

  1. Twenty-Elevenのテーマファイルの書き換え
  2. 各サイトのキャプチャ画像の自動取得
  3. 投稿日付を非表示にする
  4. スマホ表示に対応。
  5. Disqusの導入
  6. JetPackの導入(SNSボタンの設置)

(1) CSリンクスのURLデータは、カスタムフィールドに入っているので、それを表示するようにファイルを書き換える。
また、wordpress3から導入されたエフェメラ(短冊)を使用する。

エフェメラ(短冊)で、フォーマットに「リンク」を選ぶ。
「リンク」の特性は、タイトルが表示されなくなる。コンテンツの最初にリンクを設置すると直リンをはったように見える。

content-link.phpに下記のコードを追加すると、文頭にURLのリンクが自動で入る。


追加するのは下記のコード

content-single.phpに下記のコードを追加すると、文頭にURLのリンクが自動で入る。


追加するのは下記のコード

search.phpに下記のコードを追加すると、文頭にURLのリンクが自動で入る。


追加するのは下記のコード

(2) 各サイトのキャプチャ画像の自動取得には、BM shotsプラグインを使用。

content-link.php


追加するのは下記のコード

content-single.phpに下記のコードを追加すると、文頭にURLのリンクが自動で入る。


追加するのは下記のコード

search.phpに下記のコードを追加すると、文頭にURLのリンクが自動で入る。


追加するのは下記のコード

(3) 投稿日付を削除する。

functions.php内に、下記のコードを削除する。

(4) twenty-elevenはリキッドタイプのテーマなので、ブラウザの横幅に応じて可変する。そのため、スマホブラウザで見るのに、WPtouchプラグインはいらない。
(5) Disqusの導入は、プラグインをインストールすることにより簡単に導入できた。
(6) JetPackの導入は、プラグインをインストールすることにより簡単に導入できた。SNSボタンにhatenaブックマークを追加するには、sharekoubeプラグインを使用する。