Twenty ElevenをCSレキシコン向けに改造

CSオーガナイザーのwordpressテーマにTwenty-Elevenを利用して、調子が良いことから、他の4つのCSシリーズのコンテンツもすべてTwenty-Elevenのテーマに置き換えてユーザーインターフェースを統一することにした。

コンサドーレ札幌の用語集をとりまとめているCSレキシコンに関して、Twenty-Elevenに変更したときの覚え書き。

  1. カスタムフィールドのTwenty-Elevenのレイアウトへの組み込み(テーマファイルの書き換え)。
  2. メニューに任意のカテゴリーを表示する。
  3. スマホ表示に対応。
  4. Disqusの導入
  5. JetPackの導入(SNSボタンの設置)

【手順】

(1) CSレキシコンに関しては、Twenty-Elevenテーマのcategory.phpを書き換える。

(2) メニューに任意のカテゴリーを表示するには、カスタムメニューを使う。
CSレキシコンでは、辞書のようにするために、メニューに五十音のカテゴリーを表示する必要がある。

プライマリーメニューをカスタムメニューに指定する。

(3) twenty-elevenはリキッドタイプのテーマなので、ブラウザの横幅に応じて可変する。そのため、スマホブラウザで見るのに、WPtouchプラグインはいらない。
(4) Disqusの導入は、プラグインをインストールすることにより簡単に導入できた。
(5) JetPackの導入は、プラグインをインストールすることにより簡単に導入できた。SNSボタンにhatenaブックマークを追加するには、sharekoubeプラグインを使用する。