[電気仕掛けの箱庭]プレゼンスプロバイダ”DIALTONEINTERNET”にサーバーを変更する(98年)

[ここ「ラボ」ができる前(2000年頃)、メモ代わりに運用していた「電気仕掛けの箱庭」の記事を移転・一部現在にあわせて改変。]

 サイト運営が三年目に入った98年。ホームページの載っているプロバイダの乗り換えを行いました。三つ目のプロバイダとなるDIALTONEINTERNETと契約したのでした。この時の、DIALTONEINTERNETのサービス内容は、150MBディスクスペース、月間転送量上限なし、CGI使用可、月$20といったものでした。当時、DIGIWEB(月$20、20MBディスクスペース、CGI使用可)、二つ目のプロバイダ(月$10、ディスクスペース無制限、CGI使用不可)の二つと契約していたのですが、これらを解約して、新しく違うプロバイダに乗り換えることにしました。コストの面で安くあげることが出来るとふんだからです。

 100MBを越えるディスクスペースというのは運用しているサイトにとっては充分な容量でしたし、しかもCGIが使える。心配はマシンのパワーと回線の太さだけでしたが(これらが悪いとホームページにアクセスしたときに重く感じる)、こればっかりは実際に使ってみないとわかりません。半分は心配しつつの乗り換えでしたが、問題になるほど遅いわけでもなく、逆にDIGIWEBなどに比べても速いのではといった感じを受けました。よく落ちると評判だったDIGIWEB(実際よく落ちましたが)と安定度を比べても、DIALTONEINTERNETの方が安定しており、いいとこ見つけたなといった感じ

他にもこんな記事があります